続ける

痛みや変形から関節をまもる工夫〜日常動作編〜

関節に負担をかけないための、ちょっとした工夫を実例動画でご紹介いたします.

アクティブ生活のヒント Q&A

関節リウマチと上手につきあいながら,わたしらしく快適な毎日を送るために役立つ便利グッズや工夫など,生活のヒントとなる情報を提供しています.

監修・取材協力

(以下、取材当時のご所属です.)

楯岡 真理子 看護師
(世田谷リウマチ膠原病センター看護部主任/リウマチケア看護師)
http://www.setagayariumachi.com/

中島 利博 先生
東京医科大学医学総合研究所教授/海里マリン病院リウマチ・人工関節センター長

斎藤 進一 先生
やすらぎ介護福祉設計代表
http://profile.ne.jp/pf/yasuragi/

杉原 式穂 先生
兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科客員准教授/園芸療法士

かづきれいこの 心を癒す“メイクの魔法”

「今日は化粧ノリが良い」「顔色が良い!」
鏡に映る“いつもよりいきいきとした顔”を見て,気持ちがぐっと明るくなったことはありませんか?フェイシャルセラピストのかづきれいこさんによると,特に女性にとって見た目は,心の元気と密接に繋がっているそうです.
このコーナーでは,かづきさんに,気軽にチャレンジできるメイクテクニックを伝授していただきます.いきいきと毎日に向き合うための“メイクの魔法”を,ぜひ実践してみてください!

かづきれいこ

フェイシャルセラピスト.歯学博士.「REIKO KAZKI」主宰.
やけど痕や傷跡などをカバーし,心のケアを行う“リハビリメイク”の第一人者として活躍.年齢を問わず,その人をいきいきとした表情に見せるメイクテクニックは,幅広い年代からの支持を得ている.講演会やTV,雑誌等で活躍する一方,学会発表やメイクに関する論文を発表するなど,活動の場は多岐に渡る.

REIKO KAZKI公式ホームページ
http://www.kazki.co.jp/

アンケート広場

2009年3月〜2011年3月に行った関節リウマチに関する皆さまの投票結果とリウマチ専門医の解説がご覧になれます.

【過去の質問および集計結果】

※アンケート広場は,第7回をもちまして,好評のうちに終了いたしました.アンケートにご回答くださった皆さまに,心より御礼申し上げます.