知る

関節リウマチの原因

このマークをクリックすると,用語解説が別ウインドウで表示されます.

これまでの研究から,遺伝因子と環境因子が関係しているのではないかと考えられています.はっきりとわかっていませんが,原因の一つに「免疫の異常」があります

免疫にはいろいろなものがありますが,たとえば,ヒトの体にウイルスや細菌などの異物(抗原といいます)が体外から侵入してきたときに,体内でその抗原に,鍵と鍵穴の関係でぴたりと合う抗体という物質を作り,抗原を捉え,抗原は機能を失うことにより体を守るシステムなどのことです.この免疫機能に異常がおこると,体の中の正常な細胞や組織を異物とみなして抗体を作って結合することにより正常な機能を失い,自分自身で体を破壊してしまうことがあります.リンパ球という細胞が直接自分自身と反応することもあります.これを自己免疫といいますが,関節リウマチはこの自己免疫が原因の一つとされています.

つまり,関節リウマチになると,免疫は自分自身の関節の組織を異物と勘違いして攻撃してしまいます.このために関節に炎症がおこり,関節の痛みや腫れ,さらには関節の破壊を生じるようになってしまいます.

図.通常の免疫反応と自己免疫反応