知る

過剰なTNFαによる関節破壊メカニズム

このマークをクリックすると,用語解説が別ウインドウで表示されます.

TNFαは細胞の表面にあるレセプターと結合して,シグナルを発信して炎症などを促します.健康な人の体内にもTNFαはありますが炎症反応はみられません.それは,体内で浮遊しているレセプター(可溶性レセプター)があり,これと結合して細胞表面のレセプターと結合できないようにしているからです.しかし,関節リウマチの患者さまの体内では,TNFαが過剰に作られるため,可溶性レセプターの量がTNFαの作られる量には追いつかず, TNFαは細胞表面のレセプターと結合が可能となり,シグナルは発信され,関節の炎症,関節破壊を促進させてしまうのです.

!この動画はパソコン環境から再生頂けます