知る

抗TNFα製剤と関節リウマチ

このマークをクリックすると,用語解説が別ウインドウで表示されます.

関節リウマチの病態に大きく関わるTNFα自体をターゲットとし,直接的に働きかけるのが,生物学的製剤の抗TNFα製剤です.抗TNFα製剤は,浮遊しているTNFαと結合したり,レセプターに結合しているTNFαを引き抜いたりして,細胞表面のレセプターと結合するのを阻止し,シグナルを発信できないようにします.このようにして,関節の炎症や関節破壊の進行を抑制するという特徴を持っています.

抗TNFα製剤は効果が期待できますが,副作用に十分注意する必要がありますし,薬を中止するとまた症状が戻ることもあります.また治療費の問題などもあることから,現在のところは,主に他の抗リウマチ薬(DMARDs)で十分な効果が得られなかった患者さんに対して処方されています.

詳細につきましては「薬物治療」をご覧ください.